2021年1月15日(金)より
テアトル新宿ほかにて全国順次公開
wack

-Movie-

wack
監督:岩淵弘樹 バクシーシ山下 エリザベス宮地
プロデューサー:渡辺淳之介
撮影:岩淵弘樹 バクシーシ山下 エリザベス宮地 白鳥勇輝
出演:BiSH BiS EMPiRE CARRY LOOSE 豆柴の大群 GO TO THE BEDS PARADISES WAgg オーディション候補生
配給:松竹 映画営業部ODS事業室/開発企画部映像企画開発室

2020年/82分/ヴィスタサイズ/2.0ch ステレオ/©️WACK.INC
wack
2021年1月15日(金)よりテアトル新宿ほかにて全国順次公開

-Introdaction-

BiSH、BiS、EMPiRE、豆柴の大群、GO TO THE BEDS、PARADISES、WAgg、計7組の女性グループが所属し、 今最も勢いのある音楽事務所と評されるWACKが毎年3月に開催する恒例のアイドルオーディション合宿。毎年約20名の候補者と、全グループから選抜された現役メンバーが指導役として参加し、 彼女たちが駆け抜ける1週間の過酷な日々とリアルなドラマや普段目にすることのできない裏側は、生配信されないドキュメンタリーカメラの膨大な映像素材の中から紡がれ映画化されてきた。 2020年3月、新型コロナウィルス感染拡大防止のための緊急事態宣言前、先行きの見えない中で開催されたオーディション合宿で、ひとつの物語と問いが我々に提示された。 メガホンを取るのはWACK合宿映画である『世界でいちばん悲しいオーディション』(2019/1)、『IDOL-あゝ無情-』(2019/11)の監督であり、2020年第57回ギャラクシー賞フロンティア賞を受賞した『神田伯山ティービィー』の撮影・編集も手掛ける気鋭のドキュメンタリー監督岩淵弘樹。さらに今作では、AV界の奇才監督であり映画やテレビ番組と幅広く手掛ける、WACK映画の常連カメラマンでもあるバクシーシ山下、そしてWACK映像作品だけでなく数多くのアーティストの映像作品の監督を務めるエリザベス宮地が肩を並べ、初の3人監督体制で描き切った表現する者たちのリアルで脆い人間ドラマを凝縮した82分、あなたの目には何が映るだろうか。

-Story-

人の少ない渋谷、閉鎖された喫煙所、営業停止のデパート、ライブのない毎日。 2020年4月、一人のアイドルが誕生した。 新型コロナウィルスの影響が日本にも届き始め、予定されていた長崎県壱岐島の会場ではなく、関東近郊での変更開催を余儀なくされた2020年のWACKアイドルオーディション合宿。
3月、一週間の合宿オーディションに臨む候補生たちがマスクでは隠し切れない緊張と不安の表情で並んでいた。全国から集まった少女たちの夢はひとつ「アイドルに、なりたい」。伸ばした手の平、その指先が張り詰めた空気に触れて固まってしまいそうな非日常の空間で、身体と精神の限界を越えてがむしゃらにもがく、ひと際目立つ2人がいた。彼女たちに与えられた名前はワキワキワッキー、そしてインポッシブル・マイカ。
2019年の合宿に参加できたものの初日に敢えなく脱落し、後悔を原動力に再挑戦したワキワキワッキーと、「音楽で人の気持ちを動かしたい」と想いがあっても上手く表現できないインポッシブル・マイカは、苦楽を共にする内にかけがえのない戦友になっていく。限られた時間の中で目に見えない殻を破ろうとする彼女たちに、愛をもって手を差し伸べるセントチヒロ・チッチ(BiSH)もまた同様に苦悩していた。脱落していく仲間の想いも背負って「大丈夫だよ」と言い聞かせ、自らの全部をかけ一歩一歩進んでいく2人だったが、彼女たちにはあまりに辛い結末とライブのできない日々が待っていた―。
先の見えないコロナ禍の中で彼女たちが魅せる物語。夢を叶えるための壮絶な一週間と熱く熾烈な渦の中で彼女たちが掴んだものとは一体・・・!

-WACK合宿オーディションとは?-

音楽事務所WACKが毎年恒例で開催している約1週間の合宿型オーディション。 候補生にはプライバシーが配慮され仮名が与えられる。 合宿での日々はニコ生で24時間配信され続け、歌やダンスだけでなく、マラソン、食事、日々の生活さえも審査対象となり、脱落者は強制送還される。ただし用意された敗者復活課題(スクワット、腹筋、大富豪、オセロ、等)をクリアすれば復帰可能。 日々の生活も含めて、視聴者やスタッフの投票等、様々な角度から審査/評価される。 合宿オーディションを経た後、合格者は WACK に所属し、いずれかのグループ、 もしくは・・・にて活動をスタートすることになる!

-COMMENT-

WACK代表
プロデューサー
渡辺淳之介

このオーディションドキュメンタリーは映画“フルメタルジャケット”さながらわずか一週間の合宿オーディションの中で成長を見せ、プロにならなくてはいけない少女たちの必死に食らいつく姿を追った作品となっております。
コロナ禍とはまた違ったタフなある種生きるか死ぬかのシチュエーションの中、必死にもがき苦しみそして、希望を見出す姿は共感できる方もたくさんいるのではないかと思います。
自分とは何か?頑張るってなんなのか?
そのそれぞれの候補者の物語は多種多様な価値感情を呼び起こします。
ぜひご覧ください。

監督
岩淵弘樹

コメント
WACKのアイドル合宿オーディションの撮影は今年で5年目になります。
撮影者として定点観測のように合宿に関わりながら、かつての候補生がプロとなり教える側になっていることや、合格してデビューをしても道半ばでプロの現場から離れていく様子も見てきました。
年を重ねる毎に、この合宿はたくさんの人生が行き来する交差点になっていることを実感するようになりました。
今年もまた、大きな夢を描いて全国から候補生が集まり、全力で一週間を過ごします。
勝って何を手に入れるのか?負けて何を知るのか?
彼女達にとって、今までの人生で最も強い光を浴びる場所で、悲喜交々、背中合わせの光と影を行き来する激動の物語となりました。

プロフィール

1983年、宮城県生まれ。大学卒業後、派遣社員となった自身を撮影した映画『遭難フリーター』(07)、震災後の仙台のクリスマスを追った『サンタクロースをつかまえて』(12)、ミュージシャン大森靖子と歌舞伎町のラブホテルで2泊3日過ごした『サマーセール』(12)、東京アンダーグラウンドの音楽シーンを追った『モッシュピット』(16)、等多くのドキュメンタリー映画を手掛け、WACK映画では『世界でいちばん悲しいオーディション』(19)、『IDOL-あゝ無情』(19)の監督を務める。また、2020年第57回ギャラクシー賞フロンティア賞を受賞した神田伯山のYouTubeチャンネル『神田伯山ティービィー』の撮影・編集も手掛ける等、幅広くドキュメンタリーを中心に制作している。

監督
エリザベス宮地

コメント
「先が見えないコロナの状況」という言葉に、もうすっかり慣れてしまいました。しかしながら、先が見えないのはコロナのせいではなく、生きているからだと思います。そして、先が見えないからこそ、そこに希望を見出そうとするんだと思います。
眩しい照明が光るステージに希望を抱いた少女達の、今を記録しました。
傷だらけの戦場で生まれた一つの友情は、僕にとって希望そのものでした。

プロフィール

1985年、高知県生まれ。学生時代の仲間であるJ小川、ガンダーラ北村と共に映画「みんな夢でありました」を制作し、監督および主演を務めた。音楽アーティストMOROHAを追った『劇場版 其ノ灯、暮ラシ』(17)、BiSHを追った『ALL YOU NEED is PUNK and LOVE』(17)、 『SHAPE OF LOVE』(18)等のアーティストドキュメンタリーや、MOROHA、BiSH、クリープハイプなど多数のミュージシャンのミュージックビデオを監督。 最新作は、落語家の瀧川鯉八、春風亭昇々、立川吉笑、浪曲師の玉川太福からなる創作話芸ユニット〝ソーゾーシー 〟の全国ツアーに密着した「高座から愛を込めて」が12月から公開予定。